岩田ガラスアートのロゴ画像
岩田藤七 淡紅の貝
岩田家のガラス芸術

岩田藤七  日本のガラス芸術の開拓者

URLと電話番号

 明治26年、日本橋の呉服商に生また岩田藤七は、東京美術学校(現東京藝術大学)で彫金・洋画・彫刻を学んだ後、 アールヌーボーに啓発され、ガラスの道を志しました。 昭和初期、ガラスといえば実用的な工業製品が主だった時代、独力で色ガラスの製法を学び、工場を開き、工芸品を作り始めました。 制作に必須な職人を育てるとともに、様々な色のガラス作り、独創的な成形の技術を研鑽・探求し、「日本の色ガラス工芸」という新たな世界を創出しました。
 色彩豊かで流動的な形、そして暖かみのある藤七作品は、透明や切子ばかりのガラス界に衝撃を与え、高い評価を受けました。 制作意欲と情熱に溢れる藤七は、日本人の美意識に基づく「日本独自の」ガラス芸術を目指し、花器・食器の他、茶器の制作も始めました。 また、色ガラスによる装飾壁面「コロラート」を生み出し、ガラスの近代建築への応用という新しい分野を築きました。
 岩田藤七は、日本のガラス芸術の開拓者であるとともに、世界のガラス芸術にも先進的な役割を果たし、現在のガラス作家にも多大な影響を与えています。

岩田藤七の写真
  • 1893年 [明治26年] 宮内庁御用達呉服商・初代岩田藤七の長男として東京日本橋本町に生まれる。幼名、東次郎。
  • 1900年 [明治33年] 父藤七死去。二代目藤七を襲名。
  • 1909年 [明治42年] 四条派日本画家稲垣雲隣からつけ立てを習う。
  • 1911年 [明治44年] 白馬会洋画研究所にて岡田三郎助に師事。
  • 1912年 [明治45年] 東京美術学校(現東京芸術大学)金工科入学。彫金を海野勝 、平田重幸などに学び、漆芸は六角紫水に薫陶を受ける。
  • 1918年 [大正 7年] 東京美術学校金工科卒業。西洋画科に再入学。
  • 1922年 [大正11年] 建畠大夢に師事し、彫刻を学ぶ。第4回帝展「深き空」(彫刻)を初出品。
  • 1923年 [大正12年] 東京美術学校西洋画科卒業。橘ガラス工場社長今村繁三に知己を得、ガラス製法の手ほどきを受ける。
  • 1925年 [大正14年] 商工省第12回工芸展(金工)褒状。長男久利生まれる。
  • 1926年 [大正15年] 商工省第13回工芸展(金工)3等賞。
  • 1927年 [昭和 2年] 葛飾区小菅町に工房を設置。
  • 第8回帝展からガラスを出品。
  • 1928年 [昭和 3年] 第9回帝展より連続3回特選。以後帝展、文展、日展へ毎年 出品。
  • 1929年 [昭和 4年] 帝展無鑑査出品者となる。
  • 1931年 [昭和 6年] 岩田硝子製作所を設立。
  • 1935年 [昭和10年] 第1回個展開催。以後毎年 個展開催。
  • 1936年 [昭和11年] 昭和11年 文部省美術展覧会・招待展出品。
  • 1937年 [昭和12年] 第1回新文展審査員、出品作政府買上。
  • 1938年 [昭和13年] パリ万国工芸展銀賞受賞。
  • 1940年 [昭和15年] 紀元2600年 奉祝美術展出品。
  • 1941年 [昭和16年] 東京府芸術保存審議会委員、東京工芸総合展美術工芸部展審査員。
  • 1943年 [昭和18年] 商工省の重要工芸技術保存資格者として、硝子製造残留工場に指定される。
  • 1944年 [昭和19年] 第10回個展、戦争激化のため以後個展を一時中断。戦時特別文展出品、政府買上。
  • 1946年 [昭和21年] 第2回日展審査員。以後審査員を続ける。
  • 1947年 [昭和22年] 戦後初の個展(第11回)開催。
  • 1951年 [昭和26年] 日展出品作「光りの美」が対象となって25年 度日本芸術院賞受賞。
  • 1954年 [昭和29年] 日本芸術院会員。
  • 1957年 [昭和32年] 高村豊周、山ア覚太郎、楠部彌弌らと葵洸会創設。
  • 1958年 [昭和33年] ブリュッセル万博出品、グランプリ。草月会館玄関ホールのシャンデリアをつくる。脳梗塞また胃の手術で闘病生活に入る。
  • 1961年 [昭和36年] 個展第25回の記念展「岩田ガラスのコロラート展−ガラス工芸の近代建築への発展−」開催。近代建築でのガラス造形の展開をめざす前衛的な試みとして、新作「コロラート」製作。横浜島屋食堂大壁面に「コロラート」を製作。
  • 1962年 [昭和37年] ホテル・オークラの建設時に照明装飾プランに参加。日本伝統工芸展受賞選考委員、以後も続ける。ローマに開館した日本アカデミーに作品が展示される。
  • 1963年 [昭和38年] 日本生命ビル内日生劇場入口正面壁面に「コロラート」を製作。
  • 1964年 [昭和39年] 千葉・扇屋百貨店に「コロラート」製作。
  • 1965年 [昭和40年] 「新しい工芸の茶会展」開催、ガラスによる茶碗、茶入、水指類を出品、独自の新分野を開く。ロイヤル・ホテル正面入口にガラス・オブジェ「光瀑」を製作。
  • 1966年 [昭和41年] 千代田生命ビル(現目黒区総合庁舎)に「コロラート」を製作。
  • 1967年 [昭和42年] 宝塚カソリック教会にステンド・グラスを製作。第2回日本芸術祭に「神話」が選ばれる。
  • 1968年 [昭和43年] 大回顧展「ガラスとともに40年 ・岩田藤七展」開催。皇居新宮殿にコロラート壁面「大八洲」を製作。
  • 1969年 [昭和44年] 第10回毎日芸術賞受賞。
  • 1971年 [昭和46年] 文化功労者に選ばれる。
  • 1972年 [昭和47年] 日本ガラス工芸協会が設立され、名誉会員となる。
  • 1975年 [昭和50年] この頃から「貝」をモチーフとした作品を数多く発表。
  • 1980年 [昭和55年] 8月23日死去。 87歳。

叙勲 勲二等瑞宝章

主な作品収蔵
 東京国立近代美術館
 京都国立近代美術館
 神奈川県立近代美術館
 北海道立近代美術館
 ニューヨーク・コーニングガラス美術館
 ニューヨーク・メトロポリタン美術館
 デュッセルドルフ美術館
 資生堂アートハウス

岩田藤七の写真

作品に関するお問い合わせやご質問は、ヴェルリー クマップ宛にお願いいたします。

ホーム   |   岩田藤七   |   岩田久利   |   岩田糸子   |   イワタルリ   |   ブログ   |   お問い合わせ

© Copyright 2009 iwataglassart.com All rights reserved.